フライパンで親子丼


すごい料理本永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)に載っていた親子丼の作り方を参考に作ってみました。

この本によると、2人分の親子丼なら直径20cmのフライパンを使うといい感じにできるのだそう。

お弁当用に使っている、うちにあるフライパンの中で一番小さいものを測ってみると、おお!ちょうど20cm!
具を入れてみるとぴったり♪
ちなみに本日の具材は、鶏、しいたけ、長ネギです。
ポイントは、具に火が通ったら、卵を半分流し入れて半熟になるまで煮てから、残りの卵を流しこんで蓋をし、火を止めて蒸らすこと1分。
フライ返しでご飯の上に乗せたら…
ふんわり親子丼のできあがり♪

今まで小さめの雪平鍋で作っていましたが、
断然うまく作れました。
鍋の形やフライパンの大きさ、侮ることなかれ。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子