ミツバを使った料理

先日ミツバをたくさん頂きました。
そういえば、ミツバって自分で買ったことがない。
故に、料理に使ったこともない。
おすましや親子丼にちょこっと乗せる、ぐらいしか思いつかないゾ。。。

頂くときに、「豚と一緒に炒めたらおいしいよ」と、教えて頂きました。
なるほど、肉の臭みが消えておいしそう!
検索してみたら、炒めないけど、豚とミツバのレシピがあったのでやってみました。

ミツバの卵とじ

参考にしたのはこちらのページ
ミツバの卵とじのレシピ・作り方 - 料理レシピ | E・レシピ
カサを増やしたかったので、しめじも入れました。
ほんと、豚とミツバの香りって合いますね。おいしかった!

今回、頂いた分の半量だけ使ったのですが、
残った分がもうすでにしなしな~・・・
保存するには、濡らしたペーパーでくるんからビニール袋に入れて、
冷蔵庫に入れておくといいとのことで、
やってみたら、3日たってもこのとおりのシャキシャキ!
なんかうれしい♪


今日は、残りの半量を使います。
冷蔵庫に残ってた菊菜も使いたかったので検索してみたら、
ちょうどいいのがあった!

菊菜とミツバのゴマ和え

参考にしたのはこちらのページ
菊菜とミツバのゴマ和えのレシピ・作り方 - 料理レシピ | E・レシピ

香味野菜+香味野菜ってどうなん?なんかすごい香りになりそう。
って思ったんですが、
ゴマペーストが甘めだったので、苦味が全然気にならないし、
意外においしい!しょっちゅう食べたいくらい。

しかし、昔はこんな香りのキツイ野菜って全然おいしいと思えなかったのに、
最近妙においしく感じるようになりました。

以前読んだ本に、
味を感じる味蕾という器官が年と共に減っていくので、
子供のころ苦手だったものが大人になってから食べられるようになったり、
年とともに濃い味付けを好むようになる、
というようなことが書いてあったんですけど、
このせいだとすると、なんだかちょっと残念なような。


このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子