土鍋でカレーピラフ ホワイトソースがけ


土鍋でなくてもいいんですけど。
炊飯器がないもんで。

土鍋は焦げやすいので、火加減に注意です。
沸騰したら即弱火にしないと底が焦げすぎます。(経験談)
白米と同じ要領ですが、
  1. 中火にかける。
  2. 沸騰したら即弱火にして10分
  3. 20分蒸らしてできあがり

レシピはいつもこちらを参考にさせて頂いています。
簡単だしおいしいです!
炊飯器におまかせ、カレーピラフ by jirocho

トマトソース(またはケチャップ)がポイントです。
今回は作り置きしていたピザソースを使いました。
ケチャップの時より甘みが減りますが、なかなかおいしい。
具は生で入れるより、全部炒めてから投入した方が断然おいしくなります(両方やってみた経験談)
(※ただし、ピーマンはレンジでチンして、炊き上がりに混ぜた方が色がきれい。)
カレー粉は具と一緒に炒めておくと良い感じに混ざります。
炊き上がり後、スライスチーズを投入して混ぜてもイケます。

カレーピラフだけで食べてもおいしいんですが、
今日は豪華版でホワイトソースを掛けます。
カレードリアっぽい味になります。

ホワイトソースの分量
  • 牛乳・・・400cc
  • 小麦粉・・・20g
  • バター・・・15g
  • 塩、こしょう、ナツメグ少々
今日はこの配合で作りました。
作り方はよくあるレシピ同様、
  1. バターを鍋に溶かして、
  2. 小麦粉をふるい入れてヘラでよく混ぜ、
  3. 牛乳を加えて、とろみが付くまで泡だて器で良く混ぜる、
  4. 塩、 こしょう、ナツメグで調味
というやり方です。
残った分は、小分けして冷凍しておくと便利です。

ふう。これで古い牛乳を使い切ったゾ。
火を通すから、この間のカスピ海ヨーグルトのような目には会わんだろ。

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子