お肉の漬け焼きにはクッキングペーパーが便利


鶏肉をタレに漬けてフライパンで焼く、ということをよくするのですが、
タレが焦げ付きやすいのが難点。

この調理方法は間違っているのかな?と、
和食のバイブル永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)をめくってみると…
ありました!
『クッキングペーパーを敷いたフライパンで焼くと焦げを防止できます』
だそうです。

というわけでやってみました。
フライパンの大きさに切ったクッキングペーパーを、
一度丸めてしわを寄せてから広げてフライパンに引き、
タレの汁気を切った鶏肉を並べて蓋をして焼く。
両面焼いたら、最後にペーパーを外して、
残った漬けダレを絡めてできあがりです。

実際にやってみると、ほんとにうまくいきました。
これはイイです!鶏肉以外にもいろいろ応用できそうです。

ちなみに今日の漬けダレは、
練りごま、オイスターソース、酒、砂糖、にんにくしょうゆ、おろししょうがを混ぜました。

ゴマ風味ダレです。
タレの量がちょっと少なかったのと、
漬け時間がちょっと少なかった(20分弱ぐらい?)ので、
染み込み方が甘かったですが、
コクがあってなかなかおいしかったです。

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子