やっぱりカプサイシンはいいらしい。


こんな本を読みました。


この本の中で、辛味成分のダイエット効果についての記事がありました。
辛味成分を摂取すると、アドレナリンの分泌が促進されてエネルギー代謝が高まり、結果、脂肪がエネルギー源として使われやすくなるとのことです。
そして、いろいろな辛味成分の中でも、特にカプサイシンの効果が高いそうです。

ただし、むやみに激辛料理を食べればいいというもんでもなく、それでは逆に身体をこわしてしまいますよ、とのこと。
辛いと舌が感じることが重要なのではなく、『胃壁や血液中に吸収された辛味成分』が有効なのだそうです。だから、きんぴらごぼうに唐辛子を入れるなどして少しずつ食事に取り入れたらいいよ、とのこと。

というわけで、早速ピリ辛きんぴらを作りました。
ごま油を熱して鷹の爪を細かくして加え、
ごぼうとにんじんを炒めました。
しょうゆとみりんと砂糖で味付けし、
仕上げに一味を振ってできあがり。

辛いものが好きな私にとってはなかなかイケました。

こんな感じで、これからカプサイシンをちょいちょい和食にも加えてみようかと思います。
肥満防止になればいいな~。

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子