HBのケーキコースでコーンブレッドを焼いてみた



イングリッシュマフィンを作るために必要なコーングリッツ。
イングリッシュマフィンの表面に付けるだけなので、
賞味期限内に使い切ろうと思うと結構たいへんです。
結構たいへんどころか、気が付けば9割残ったまま賞味期限が来てしまいました。(というかちょっぴり過ぎていた)

いつも買ってるホームメイドショップKIKUYAさんで、
お買い得なのをいいことに、500gも入っているものを買っていたので、
どうしようかと、途方に暮れていると、
朝日新聞のサイトでこんな素敵なレシピを発見!
『コーンブレッド~生クリームでリッチな味に~』
http://www.asahi.com/food/column/oishisa/TKY200712050121.html

18cm×9cm×深さ6cmのパウンド型1本分の材料として載っていたのですが、
HBのケーキコースで焼いてみました。

書いてある材料を全てパンケースに投入して、
ケーキコースでスイッチON。
途中粉落としをし、トータル1時間半ぐらいで焼き上がりました。



コーングリッツのざっくりした食感と、
生クリームのしっとりした食感と、
卵とバターのいい香り~♪

甘さ控えめなので朝食にもぴったり。
元記事の中に書いてあるように、焼きたてが一番おいしいと思いました。
1時間半でできるから、休みの日なら朝起きてすぐセットしたら朝食に間に合いそうです。

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子