鶏肉とカシューナッツ炒め



おいしそうなレシピを見つけたので作ってみました。
鶏肉とカシューナッツの炒めもののレシピ -TIRAKITA レシピ

味付けはシーズニングソースとオイスターソースと砂糖のみ。
鶏肉は揚げずに炒めましたがおいしかったです。
このTIRAKITAさんのサイト、他にもアジア料理のおいしそうなレシピがたくさん載っていました。
また利用させてもらおっと。

タイ料理のレシピによく登場するシーズニングソース。
輸入食材を扱うお店とかで探してみたけど見つからなかったのに、
近所の業務スーパーで発見!


裏を見ると
『たまり醤油のような風味を持つ、香り高く深いコクと甘味が特徴のタイの万能調味料です。』
『目玉焼きや茹でたキャベツ等にそのままかけたり、炒め物・スープ・チャーハン等の味付けにそのままお使いいただけます。』

などと書いてあります。
ちょっと手にとって味見してみると、
なるほど、味つきの濃い醤油という感じ。
日本のだし入り醤油と違って、アジアンな風味です。
これだけで味がきまるので色々お手軽に使えそう。

今日はこの他にシーズニングソース入りのスープを作りました。
具は長ネギ、にんにく、香菜入りの豚つくねと、きのこです。
春雨を入れたかったんですが、切らしていたのでえのきを入れました。



味付けはこちらの『ワサナのタイ料理』の春雨スープのレシピを参考に。


鶏がらスープにシーズニングソースと醤油と塩・胡椒で味付けしました。
本当はシーイウ・カーウなる調味料を使うみたいなんですが、
醤油で代用できるとのことだったので醤油を使いました。

おいしくできたんですが、シーズニングソースの存在感はそれほど感じられなかったかな?
醤油だけのバージョンと食べ比べてみると違いがわかるのかもしれません。

これと大根とカニカマのサラダ(記事は→こちら
これはナンプラーとレモン汁にシーズニングソースをちょこっと足して、
チリペッパーをパラっと振り入れます。
前はシーズニングソースを醤油で代用しました。
それもあっさりしていておいしかったんですが、
シーズニングソースで甘味と旨みがプラスされて
さらにおいしくなりました。


次は鶏肉のタイ風グリル焼きを作ってみようかな~。

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子