復活洗浄剤サビ取り用を使ってみた

長年設置したままだった食洗器を移動してみたら、どこかから漏れていたみたいで、埃と汚れでめちゃ汚いことになっていました。
とりあえず汚れを取り除いて、キッチン用のクリームクレンザーで磨いてみたんですが、強固な水垢が取れません…(涙)



そして、ところどころに黒サビが発生していました(;;)


借り物の部屋なのにこれはヤバいゾ…と、慌てて検索しまくったら、「カンペハピオ 復活洗浄剤 サビ取り用」なるものを発見。
サビを削り落とすのではなく、化学反応で分解させて取り除くんだそうです。
そんなものがあるなんて!!

メーカーのサイトの商品説明には『金属・石材・プラスチックに移った金属のもらいサビに』と記載されています。(http://www.kanpe.co.jp/products/senjyozai/02.html
Amazonのレビューも高評価です。(→カンペハピオ 復活洗浄剤 サビ取り用 80g [HTRC 6.1]
近所のホームセンターに行ったら売ってたので早速買ってみました。



説明書によると、
1~3mm程度塗布→5~20分放置→紫色に変色するので拭き取る→水で洗い流す→乾燥
という流れになっています。

蓋を取ると…くっさ!!
パーマ液を濃くしたような強烈な臭いがします。換気が必要です。

恐る恐る塗ってみると…
すごい!紫色に変色しました。化学の実験みたい♪


5分ほど置いてから拭き取ってみると…
うーむ。ちょっとは薄くなったのかな?


その後2~3回×10分程度を繰り返してみましたが、なかなかきれいになりません。
『浸透した強固なサビは、塗布した部分をビニールフィルムで覆い、本品が乾燥しないように養生してください。』と書いてあったのでラップ貼って20分放置してみました。




かなり薄くなってきたような気がします。
けど、いくらやっても完全にきれいにはならないような気がしてきました。
というわけでこちらは一旦終了。


ガス台の下にも小さなサビがポツポツと発生していたので、塗ってみました。


こちらは簡単に、つるん!と取れました。
まだちょっと残っていますが、クリームクレンザーで軽くこすればかなりきれいになりそうです。
この辺はちょいちょい掃除してたから、まだ傷が浅かったのかもしれません。


もう1か所試してみたかったのがお風呂の棚についたもらいサビ。
夫のシェービングフォームの缶からもらってしまいました。
こすってもこすっても取れなくて困っていたんです。


塗ってみると、塗ったそばから変色し始めました。
5分ほど置いて拭き取ってみると、今度は変色した紫色が浸透し始めていて、シミが広範囲に広がってしまっていました。慌てて固いスポンジでこすったら取れましたが、危ないところでした。プラスチックは短時間で拭き取った方がよさそうです。



かなりきれいに落ちました。感動です。


シンクの水垢はピカールで取ることにしました。


柔らかい布に取って、力を入れすぎないように根気よく磨いてみました。
最後に台所用のクリームクレンザーでピカールの成分を落として仕上げ。
ある程度はきれいになりましたが、強固な水垢はなかなか落ちません。
耐水ペーパー等を使えば落ちるかもしれませんが、失敗したら怖いので今日はこの辺で終了することにします。
もう少し情報収集してみようと思います。

けどピカールはピカピカになりますね。
あちこちピカピカにしたくなってきました。







こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子