どんくさい私の必需品、キズパワーパッド。

この素晴らしい商品をご存じでしょうか?

以前スライサーでざっくり切ってしまった時に初めて使った「キズパワーパッド」。
ボトボト流れていた血がピタっと止まり、その後すぐに水仕事を再開できたことに大いに感動し、以来常に数個ストックしています。
石畳の上を走っていて、すってん転んであちこちズル剥けたこともありましたが、これのおかげでそれ程痛い思いもせずに治すことができました。
どんくさいのでかなりお世話になっています。



1週間前、料理中に火傷して水ぶくれができてしまいまい、翌日には潰れてしまいました。
でも、慌てることはありません!キズパワーパッドのストックがたくさんありますから。

貼ってしばらくすると、白いちょぼが現れました。
これは傷口から出てくる汁をパッドが吸収&保持している状態です。
この汁の中に「傷を治す成分」が含まれているのだそうです。



丸一日経過後の様子です。白い膨らみは大きくなってきました。
普通に水仕事やお風呂に入った後でもこの通り。大きいタイプだと1日ぐらいでは剥がれてきません。
沁みることもこともないので、貼っているのを忘れるぐらいです。



翌日新しいものに貼り換えて、さらに2日目に痒くなってきたので剥がしました。
まだ少し汁が出ていましたが、どうしようか迷っているうちに傷口の表面が乾いてしまったので、終了することにしました。

それからさらに2日後の現在の様子です。貼り始める前の写真がないので、どれだけ回復したのかわかないと思いますが… 参考まで。



ところで、同じ用法のもので、お値段がお安めの「ケアリーヴ 治す力」というのもあります。
防水タイプのものを試しに使ってみたことがあります。





一見普通の絆創膏みたいなのであまり期待していなかったのですが、思いのほか丈夫で、同じように白く膨らんでちゃんと修復できました。
小さい傷なら十分だと思います。
私は冬のパックリあかぎれによく使います。


出血してからではなかなか買いに行きにくいですから、ストックをおすすめします。
かさぶたになってからでは遅いですし。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子