やっぱりティファールも必要

ティファールのフライパンが寿命を迎えたようです。
購入から約2年。だましだまし使っていたのですが、ハンバーグの底が全てくっついてベロっと取れた時、もう限界だとあきらめました。
気が付いたら真ん中の温度センサーが無くなっていました。



でも本体はしっかりしているので、捨てるのにはものすごく抵抗があります…
1~2年ごとに捨てないといけないと思うと、買い換えるのに躊躇してしまいます。

軽いし片づけもラクなので、ついつい何でもかんでもテフロン製のフライパンに頼ってしまっていたのですが、我が家には、結婚する時に頂いた立派な鉄鍋とステンレス製のフライパンがあります。

これを機会にこの2つを見直してみることにしました。

鉄鍋は、しっかり汚れを落とした後コンロで空焚きし、水気が飛んだら油を塗って保管し、使うときは煙が出るほど加熱してから炒めると、全然こびりつかず、快適に調理できることを知りました。



ステンレスのフライパンも、水滴を落とすと玉のようにころころ転がるくらいまでしっかり加熱してから使うと、くっつかずに焼けることを知りました。



これならテフロンのフライパンはもう買わなくていいかな、と思ったんですが…

豆腐ハンバーグをステンレスのフライパンで焼いたら大失敗!!
底が全部くっついてボロボロ…無残な姿に…

どうやら豆腐の水切りが足りなかったようです。
そもそも水分が多いものは難しいようです。
おそらく炒飯も難しいと思われます。
焼きうどんなど、想像するだけでイライラします。


というわけで、やっぱりティファール。


結局買いました。

新品のティファールで作った炒飯はパラっとしていておいしい!
焼きうどんもくっつかない!

でもお肉はステンレスのフライパンでバシっと焼いた方がおいしいし、野菜炒めなどは鉄鍋で高温で炒めた方が、シャキッとおいしく仕上がることがわかったので、適宜使い分けようと思います。そうすればティファールも3年ぐらいはもってくれるかな。

ちなみに、こちらは1年ちょっと前に買ってほぼ毎日お弁当用に使っているミニサイズのフライパン。限界に近付きつつあります。


こちらは2年ちょっと前に買ってほぼ毎日使っている卵焼き器。


卵を焼くだけだと結構もちます。使い始めの頃の滑るようなつるつる感はさすがにありませんが、まだそれ程くっつくことなく使えています。





こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子