10年物のホームベーカリーがなかなか壊れない

義理の妹がホームベーカリーを買いました。
パナソニックのSD-BMT1000という機種です。
うちの2004年製のSD-BT103に比べたら、メニューがいっぱい増えていてびっくりしました。
例えば、全粒粉パンやライ麦パン用の設定がちゃんとあったり。
うちのは全粒粉パンでもライ麦パンでも、「食パン」の設定で焼くんです。

パナソニックのウェブサイトでSD-BMT1000のスペックを調べてみたら、全粒粉パンとライ麦パンは、普通の食パンより焼き上がりまでの時間を1時間長く設定してあることが判明しました。
全粒粉やライ麦パンは普通の食パンより発酵時間を多くとってあるということなのかな??
確かに、予約タイマーで焼き上がりをプラス1時間後ぐらいに設定するとうまく焼けるような気がしていましたが・・・

10年も経てば色々改善されているんでしょうね。
一番いいなあ、と思ったのは、マーブル模様のパンができること。
チョコマーブルパン作ってみたい♪
うちの機種でも工夫すればできるみたいなんですけど、いろいろ面倒そうなので。。

あと、Amazonのレビューで、パナソニックの旧型の機種からの乗り換えの人が、口を揃えて「音が静かになった!」とコメントされているので、かなり欲しい度が増しています。
うちのはとにかくこねる時の音がうるさいのです。
買ったばかりの頃は、朝焼けるようにセットしてしていたんですが、夜中に結構大きな音でガタガタいうんです。
キッチンの扉と寝室の扉を閉めていればそれ程気にならないのですが、うちはマンションなので、お隣さんに聞こえていたら迷惑だな、と、今は夜焼き上げるようにしているんです。
一晩寝かせると切りやすいし、味もそんなに落ちていないのですが、やっぱり焼きたてを食べたい!パンの香りで目覚めたい!

壊れたら買い換えようと思い続けているんですけど、全く壊れる気配がないです。
10年間かなり使い倒しているんですけどね。
始めのころパンケースを食洗器で洗っていたら、フッ素加工が剥げちゃって、パンケースだけすぐ買い換えたんですが、その後優しく洗うようにしたら、小さな傷がいくつか付いている程度で、まだまだ使えそうです。

他にもいろいろ欲しいものあるし、もう少し頑張ってもらおうかな。



Amazonを見ていたらパンの羽根が結構売れていました。
まちがって捨てちゃったという人が多いけど、フッ素加工が剥がれてきたから買い換えたという人も結構おられて、買い換えたらパンが取り出しやすくなったという意見が多く、うちも買い換えるべきか悩み中・・・
買い換えた途端に本体が壊れたら嫌だしなあ・・・


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子