HB&ホットプレートでイングリッシュマフィンを焼く

イングリッシュマフィン、しばらく作ってなかったんですが、
いつも行くスーパーで、イングリッシュマフィンだけあまり特売にならないので、
家で作ることにしました。

ホットプレートを出す手間さえ乗り越えれば、後は結構簡単なのです。
一次発酵まではHBにおまかせ。
分割してベンチタイムの後、ホットプレートに並べ、
二次発酵から焼き上がりまでそのまま一気にできるのでラクです。
(片面が焼けたら一度裏返します)





詳しい手順はパナソニックのこちらのページに載っています。
おうちごはんを、もっと楽しく。 / レシピ検索は Panasonic Cooking

今回は全粒粉とクルミを入れてみました。

  • 強力粉・・・240g
  • 全粒粉・・・40g
  • オリーブ油・・・ 大さじ1
  • 砂糖・・・専用の大スプーン2杯(約20g)
  • 塩・・・専用の小スプーン1杯(約5g)
  • 牛乳100ml
  • 水90ml
  • ドライイースト・・・専用の小スプーン1(約3g)
  • クルミ(手で細かくしてローストする)・・・ナッツケース半分ぐらい
  • コーングリッツ・・・適宜

何度か書いている、ツインバードのコンベクションオーブンでもうまく焼けるのですが、
HB1回分の生地を一度に焼くには庫内が少し小さいのです。
オーブンで焼きたい時は、フープロにパン羽根を付けて生地をこねています。
でもそれだと、冬場は発酵させるのが面倒なので、ホットプレートが便利です。

パナソニックのフープロのパンの羽根。
うちのはついていないタイプだったので、後で買い足しました。
これでニョッキを作ってみたいと思いつつまだ作れていません。。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子