幻のレインボーラムネ



奈良県生駒市にある、イコマ製菓という小さな会社で作られているラムネです。
奇跡的に手に入ったと、夫が持って帰ってきました。
”幻”と言われる程手に入れるのが難しいんだそうです。



正直、「なんでラムネが??」と思ったし、1個食べてみた後も「なぜこれが??」と思ったんですが、2個、3個と食べていくうちに、何となくわかってきました。
これ、癖になります。甘すぎず、酸っぱすぎず、口に含んだときの解け方がとてもなめらか。このまん丸の形と大きさがちょうど良く、飴玉みたいに口の中で転がります。
見た目もコロコロしていて可愛らしい。
そして、お値段がとても良心的。こんなに入って500円。

これならまた食べたくなるし、なかなか手に入らないのならなおさら欲しくなるのがわかります。

長弓寺さんというお寺のサイトに社長のインタビューが載っていました。
ミクシーの中で話題になって、そこから人気に火がついたようです。
自分だけのこだわりがあって、他の人に任せられないから製造できる量が限られているんだそう。
こだわって丁寧に作られているものって、食べる人にも伝わるんですね。

とても気に入ったので今月(9月)末にハガキの抽選があるから、ダメもとで送ってみようと思います。
(※抽選について詳しくは公式サイトに載っていました→ラムネ菓子のイコマ製菓本舗

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子