あかぎれ対策に「防水フィルム」を使ってみた-その2

去年の冬「あかぎれ対策に「防水フィルム」を使ってみた」という投稿の中で、手のパックリ割れ対策に、ニチバンの防水フィルムを使ってみたことを書いたのですが、コツがわかってきたのでご紹介します。

これがニチバンの防水フィルムです。
パックリ割れのところにワセリンを塗って、ラップ替わりにこれを貼り付けて湿潤療法で治したいのです。


3層のシートになっています。好きなサイズに切って使います。


方眼が入った白いシートを剥がすと、粘着面が出てくるので、患部に貼り、


青い半透明のフィルムを剥がすと、ペラペラの薄いフィルムのみの状態になるので、患部に密着させることができます。


これを指に巻き付けるとなると、ちょっとコツがいります。
パックリ割れにワセリンを塗ったら、
まずは白いシートを剥がして途中まで巻きつつ・・・


青いシートも剥がし始め、同時に2つのシートを剥がしながらくるっと巻きつけます。


最初うまく貼れなかったのですが、何度もやってるうちに職人のようにうまくなってきました。なので、どれだけ需要があるのかわかりませんが書いてみました。

防水とのことですが、ワセリンを塗っているからか、関節部分だからか、炊事とお風呂で結構剥がれてきます。なので、お風呂上がりに貼って、翌日剥がれてきたら貼り直しています。本当は2日ぐらい貼りっぱなしにするのが一番だとは思うのですが、この方法でも貼らないよりは早く治ります。一晩貼るだけでも違います。

前にも書きましたが、ケアリーブの「クリア&防水」っていうのが良かったんですよ。
炊事でもお風呂でも剥がれないし、透明なので付けていることを忘れるくらい。でもいつのまにか廃盤になってしまったんですよね。。。

と、思っていたのですが、今Amazonを覗いてみたら復活している!
商品名が違うけど、たぶん同じっぽいです!
でも高い!前はもう少し安かったと思うんですが。。


ニチバンの防水シートはこれです。
10cm×1mなので、結構たっぷり使えます。ただ、手間を考えると、高くてもケアリーブの防水タイプの方がいいかも!迷う!



ゴム手袋はマリーゴールドがおすすめです。
柔らかいし、蒸れずに着脱しやすいしです。
常にストックしています。
私は手が小さいのでSサイズを使っていますが、ちょうどいいです。



こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子