ミルボンのトリートメントオイルと椿油

今ロングヘアなのですが、髪にコシがなくパサついてまとまらないので、アウトバスのオイルトリートメントが必需品です。
タオルドライ後、椿油(安い黒ばらの方)を付けて乾かしています。

なくなりそうなのでリピしようと思ったのですが、前から気になっていたミルボン のエルジューダシリーズが、内容量を考慮すると意外に安いことに気付き、初めて買ってみました。

MOとFOで迷ったのですが、公式ページ(http://www.milbon.co.jp/brand/detail/52)を見ると、MOは硬い髪用、FOはコシがない髪用とのことなので、FOにしてみました。





手にとってみると、いい匂いがしてちょっとテンション上がります。

早速タオルドライ後に付けてみました。
手に取るとしっかり「オイル」っていう感じがしますが、髪に付けて乾かしていくと、オイルっぽさがなくなっていきます。

椿油だと、ドライヤーをかけてもなかなか乾かない、というか、いつまでも乾ききった感じがしないのに、こちらはしっかり乾きます。そしてサラサラになります。不思議!
サラサラだし、いい匂いだし、手触りも気持ちいい♪

ですが、私の髪には、このサラサラは少し物足りない感じがしました。朝起きた時のまとまり感は椿油の方が好きかな。。もう少し若かりし頃の、今よりコシのあった髪ならミルボン最高!ってなってたのかもしれません。


★個人的な感想まとめ
  • タイルドライ後髪に付けて乾かすと、椿油はなかなか乾かないし、いつまでもベタベタ感がある。ミルボンの方は普通に乾くし、サラサラになる。
  • 朝起きた時、椿油はしっとりまとまり感がある。ミルボンはサラッとしているけど、毛先はパサついてまとまらない感じ。
  • 香りは、椿油は油臭い。ミルボンはいい香り。でも持続性はそんなにない。

★結論
トップはサラサラ、毛先はしっとりがいいので、両方を半々ずつ使い分けることにしました。
ミルボンの方をドライヤー前に髪全体になじませて乾かして、乾き終わったら椿油を毛先に少しだけ付けてみたらかなり理想的な感じになりました。
面倒だけどこれからはこれでいこうと思います。


追記(17/5/3)
1年近く切っていない傷んだ毛先にはオイル感が物足りなかったけれど、長い髪をバッサリ切ったらこのオイルの良さがわかりました。
ベタつかずサラサラなのにちゃんとまとまります。
なくなったらまた買おうと思います。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子