ペットボトル菜園日記(サラダレタスミックス5)2017年春

(※初回投稿5月12日)



ペットボトル菜園に挑戦することにしました。
数年前にバーミキュライトとパーライトとピートモスを適当に混ぜた物で室内菜園をして、それなりにうまくいったのですが、収穫した後再利用できない(できるかもしれないけど、根っこを取り除くのがたいへん)ので、結局1年でやめてしまいました。ペットボトルで簡単に水耕菜園できることを知り、挑戦してみることに。

まずは、サラダレタスミックス5という、リーフレタスなどの種が5種類入ったもので試してみることにしました。

ちなみに、東側の出窓に置くので、日光は午前中しか当たりません。

4月14日 

種まき
本やネットを参考に、スポンジに蒔いてみました。
よく売っている5個入り100円のスポンジの硬い部分をカッターで切り取って、3cm角ぐらいにカット。高さがよくわからなかったので、あえてバラバラにしてみました。中央に十字の切り込みを入れてそこへ種を5粒ずつくらい押し込みました。
上から水をかけて、水を張りました。水は切らさないように管理。



芽が出るまで光を遮るために新聞紙を被せてみました。




4月24日

本葉が出てきた
4日ぐらいで発芽し始めて、10日ぐらいで本葉が出始めました。
スポンジの高さはあまり関係なかったみたい。





4月25日

ペットボトルプランターを作る
水耕栽培用プランターを作りました。
2Lのペットボトルの側面に、直径5.5cmぐらいの穴を3つ開けて、500mlのペットボトルをカットしたものを挿し込みました。わかりにくいですが、下の写真の手の上あたりに、水をそそぐ用の穴も開けています。水を入れ替える時は、ペットボトルの蓋を外して水を捨てて、蓋をしてからこの穴に水+液肥をそそぎ入れる予定。



写真ブレブレですが、アルミホイルで上側を覆ってみました。藻対策です。


苗を移植
苗のスポンジを500mlのペットボトルの口に押し込んで固定。その際、根はちゃんと口から引き出しておきます。その後、ハイドロコーンを入れて苗を固定。



見栄え良く小細工
部屋に置く以上、インテリア的にみすぼらしい感じになるのは嫌だったので、紙袋で覆うことにしました。
大昔に買って、捨てずにとっておいた服屋さんの紙袋でちょうどいい幅のものがあったので、中央を切り取って上下を貼り付けて高さを低くしました。
木工で作ろうかとも思ったのですが、使わない時に邪魔になるのが難点。紙袋なら畳んでおけるし、いらなくなったら心置きなく捨てられます。


4月26日

スペースが余ったので、余った苗と空き瓶+ペットボトルで追加しました。




5月12日 

移植から2週間ちょっと経ちました。
ぐんぐん育っています。
風通しが悪い気がしたので、苗を入れているペットボトルの周囲を少し切って低くしました。


今のところ順調に育っています。このまま大きく育ってくれるでしょうか??
2日ほど前、同じようにバジルと大葉の種をスポンジに蒔きました。こちらもペットボトルで栽培予定です。

ちなみに液肥は数年前にホームセンターで買った液肥を使っています。水耕専用でないのが気になりましたが、レタスに関しては今のところ普通に育っています。
また追記します。


5月23日 

逝ってしまいました


急激に暑くなった上に、直射日光を当ててしまったために、水温が上がりすぎて根がダメになってしまったみたいです。どんどん枯れてきました。
食べられそうなところだけ収穫し、撤収することに・・・がっくし。。
もう一度種まきからチャレンジします。



関連記事

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子