北海道産とカナダ産のきな粉を食べくらべ

きな粉ヨーグルトにハマっています。健康的だし、腹持ちもいいし、なによりおいしいので毎日食べています。
スーパーで売っているものでは追い付かないので、1kg入りの大容量パックを買うことにしました。
いつもクルミを買っている食べもんぢから。さんで、初回は国産を買って、今回カナダ産を買ったので食べ比べてみました。(※豆の種類や焙煎方法によっても変わってくると思うので、こちらのお店の2商品の比較です)
ちなみに、北海道産はカナダ産より倍ほどお高いです。

左が北海道産、右がカナダ産です。
写真では全くわからないと思いますが、左の北海道産の方が若干白いです。


こちらがパッケージ。左の北海道産には「別製」のシールが貼ってあります。ということはカナダ産がメインなのかな?


そのまま食べてみました。
北海道産の方が甘くてクセがない印象です。私は北海道産の方がおいしいと思いました。が、微妙な差なので、ヨーグルトに混ぜたら気にならないかも。もちろんカナダ産も普通においしいです。
味だけでなく、安全面のことも考えると国産の方がいいのですが、お値段が倍も違うので・・・悩ましいところです。

こちらが北海道産。


カナダ産。


きな粉ヨーグルトには、生クルミやリンゴ、バナナなども入れています。
生クルミはそのままではおいしいと思えないのですが、きな粉ヨーグルトに入れると、とても美味しく食べられます。
ちなみにヨーグルトは、カスピ海ヨーグルトを作り続けています。カスピ海ヨーグルトもきな粉も若干甘みがあるので甘味料を入れなくてもおいしいです。
甘みが欲しい時は蜂蜜かオリゴ糖をちょっと垂らします。
空腹の状態でで晩御飯を食べるより、これを間食に食べた方が、血糖値が上がりにくいのでは、と期待しています。



母から譲ってもらったカスピラボ。なかなか固まらない寒い季節や、傷みが心配な暑い季節に大活躍中です。ただしちょっとお高いです。


こちらの記事もどうぞ

ABOUT ME

はじめまして。
加齢に怯える団塊ジュニアです。
同世代の夫と、17歳のヒョウモントカゲモドキ(♂)と暮らしています。
あまり更新していませんが、無料のドローソフトInkscapeのHowToサイトと趣味のブログajiwai blogもやっています。