赤味噌と白味噌と練りごまの田楽味噌

昨日2月8日は針供養の日
針供養の日には風呂吹き大根を食べるのだそうで、
今年初めてやってみました。

前回風呂吹き大根を作ったとき、
赤味噌と鶏ひき肉で作った味噌ダレをかけたのですが、
どうも、苦味が強くてちょっと苦手かもという感じ。。。

で、このすごい本、
永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)

で調べてみると、田楽味噌のレシピとして、
赤味噌:白味噌=1:5の合わせ味噌を使われていて、
その上練りゴマも入っていて、
これはおいしそうだ!

レシピでは、まとめて作りおきする用に、かなり多めの分量になっていたので、
一回分ぐらいの分量に減らして

  • 赤味噌・・・20g
  • 白味噌・・・100g
  • 酒・・・40cc
  • 砂糖・・・小さじ3強
  • 練りゴマ・・・大さじ1弱

これを中火より強めの火加減でぐるぐる練り混ぜると、つややかに仕上がるのだそうです。
が、
つやは・・・分量が少なかったせいか、よくわからんかった。。。です。

あと、このままだと硬いので、
ゆるめにしたい場合は、だしでのばすといいみたいです。

大根の煮方もこちらの本を参考にしたのですが、
昆布だけじゃなく、だし・酒・薄口醤油・塩で味つけしたもので煮てあったので、
まねしてみました。
大根だけでも食べられるくらい味がついているので、
味噌ダレは出汁でのばしてゆるめにした方がよさそうです。
そのままつけて食べたら結構濃かったです。

この田楽味噌、冷蔵庫で1ヶ月ぐらいもつのだそう。
豆腐やこんにゃくなどの田楽やあえものなど、いろいろ活用できるみたいなので、次回は今度多めに作っておこうかな。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子