白いスニーカーの手洗い、今度は成功。

去年白いキャンバススニーカーを洗って乾かしたら、黄ばみができてしまいました。
慌てて情報収集したら、石鹸を十分に取り除けていない状態で干してしまったのが原因のようで、お酢やクエン酸で中和させると良いという事を知りました。
しっかりと濯ぎなおしてからクエン酸水に浸け、再度干してみたら結構マシになりました。
その時の記事はこちら
白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

あれからちょうど1年。梅雨入り前に洗っておくことにしました。
もう同じ失敗は繰り返しませんよ。
洗剤は少な目に。去年はウタマロ石鹸に重曹にズックリンに、と、狂ったように塗りたくってしまって、その結果すすぎきれなかったので、今年はズックリンのみを少しずつ。少しの量でもちゃんと落ちるんですね(汗)
しっかりと濯いだら、バケツ1杯の水にクエン酸小さじ1程度を溶かしてスニーカーを投入。1時間ほど漬け置きしてから陰干ししました。



以前の黄ばみは取りきれませんでしたが、それ以上に黄ばむことなく無事に白く仕上がりました♪



洗ったついでに、シューグーでかかと部分を補強。





丸一日程置いて渇いたら完成です。
あまり綺麗に塗れなかったけど、履いたら見えないからOK♪

ところで、このスペルガのスニーカー、2年前に買ったのですが、すごく気に入っています。少し重いので歩きにくいかと思いきや、ソールに弾力があって、長時間歩いても疲れません。普段23.5cmで37を買いましたが、少しフィット感が足りなかったので市販の中敷きを入れたらピッタリになりました。

気に入りすぎて2カ月ほど前に色違いを購入♪
靴と靴紐の色が同じなので子供っぽくなくいい感じです。




始めて買ったのはこちらのお店。
日によってもっとお安く買えるお店もあると思います。



こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子