肉の時代屋さんの鶏皮ソーメン

夫が職場の人伝いに買って帰ってきました。
どういうルートで手に入ったのかはわかりませんが、大分県にある「肉の時代屋」さんというお店の名物でらいしです。(ちなみに我が家は奈良県です。)

「鶏皮ソーメン」といって、鶏肉の皮を千切りにして味付けをしたお惣菜です。
パックに入って冷凍されていました。

私は鶏の皮が苦手で、鶏料理の皮は大概残してしまうくらいなので、たぶん食べられないだろうな・・・と、思っていたのですが、一口食べてみた瞬間・・・

なにこれ、うまっ!


鶏の皮のあのぐにゅっとした食感はあまり気にならず、むしろコリコリ感の方が強いです。

何より、味付けが絶妙。甘辛いタレと炭火焼きの香りが癖になります。
これは家庭ではなかなか再現できないと思います。(炭火なので)

ネットでおいしい食べ方がないか調べてみたら、サラダと合わせると立派な一品になる、という情報があったので、早速きゅうりの千切りと玉ねぎのスライスに和えてみました。
なかなかいけますよ、これ。追加で味付けをしなくても、混ぜるだけでしっかり味が付きました。



職場の人いわく、チャーハンに混ぜるとおいしい、とのこと。たしかにそれもおいしそう。とにかく何にでも合いそうです。

このお店、近所にあったら絶対行くのに!と、思っていたのですが、なぜか夫はあまり得意な味じゃなかったようで・・・香りがダメみたいです。炭火で焼いた鶏がダメなのかな??良くわからないんですが、人それぞれいろんな好みがあるんですね。私は大好きな味だったんですけどね。

こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子