アボカドの切り戻しと挿し木の実験中

(※初回投稿3月22日)



去年の春に発芽したアボカドですが・・・

※その時の記事↓

その後ぐんぐん茎が伸びて、大きな葉っぱが付き、ヤシの木のような頭でっかちな状態で冬を越しました。
秋以降成長が止まったので、冬の間に枯れてしまうのかと思いきや、下の方の葉が少し黄色くなった程度で茎はしっかりしています。
ちなみに、炭玉でハイドロカルチャーにしています。

頭でっかちだし、葉が黄色くなって見た目があまり良くないので、また新しい種でやり直そうかとも思ったのですが、バッサリ切ったらどうなるのか、実験してみることにしました。

茎の途中で切り、葉っぱを数枚残して水に刺したものと、茎だけを残したものに分解しました。
さてどうなるんでしょう??わくわく♪
変化があったら追記したいと思います。

4月20日

1カ月ほど何の変化もなかったので半分あきらめていたのですが、ようやく茎から芽らしきぷっくりしたものが出てきました。


水に差した葉の方も茎にちいさな粒々が付いてきました。根っこが出てくるのかな?

5月10日

その後、2つあったぷっくりした突起のうち、上の1つだけ茎が伸び始め、葉が出ないまま今も伸び続けています。


水に差した方は白い粒々が増え続けています。ハイドロボールに挿したいのですが、根が伸びてくるのを見届けたいのでもうしばらくこのまま置いてみようと思います。


5月24日

グングン伸びていた茎はある程度伸びるとストップしました。数日前から葉がようやく少し開いてきた感じです。


水に差した方は白い粒々(カルス)だけが大きくなって、いっこうに根が出ません。


暗い方が根が出るのかと、ハイドロコーンに挿してみました。



6月2日

何と、ハイドロコーンに挿したら枯れてしまいました。。。。


挿す時に、カルスが少し茶色くなっていたので、先の方を少し切ったのですが、それがいけなかったのかな。。カルスが茶色くなっている時点ですでに弱っていたのかも。。単純に水が足りなかったのかも。。残念です。。


茎の方は先週ぐらいからようやく葉が開いてきました。こちらは根がしっかりはっているから大丈夫そう。




こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子