魚嫌いがサバ缶でオメガ3を摂る



先日NHKの健康番組でやってたオメガ3の特集、血流改善→新陳代謝促進→中性脂肪値ダウン→美肌効果アップと、やはりいいことずくめだわ、と再認識。

番組では、オメガ3をひとくくりにして説明されていたため、加熱調理していいのか悪いのかよくわからなかったので調べなおしてみました。

  • オメガ3にはα–リノレン酸、DHA、EPAがある。
  • α–リノレン酸は種油、特にエゴマ油やアマニ油に多く含まれ、加熱に弱い。
  • DHA、EPAは青魚に多く含まれ、加熱に強いけど、調理中に流出してしまう。
ということのようです。

で、α–リノレン酸が豊富なエゴマ油やアマニ油は、加熱できないから生で摂るしかなかったけれど、「グリーンナッツオイル」なる、加熱できる油が見つかったとのこと。
が・・・我が家には高価すぎるので却下。
ちなみにこれらしいです↓


DHA、EPAは熱に強いので加熱調理できるけれど、調理の過程で流出してしまい、焼き魚では80%、フライでは50%程度しか残らないのだそう。
そこで、缶詰の出番です。缶詰を汁まで丸ごと食べられるような調理をすれば無駄がないとのこと。

なるほどー。。。とは思ったものの、夫は魚が苦手で、特に青魚の煮付けなんてとんでもないという感じ。私も煮魚はそんなに好きじゃないのでこれも却下かなーと思っていたのですが、スタジオで試食したタレントさんたちがうまいうまいと大絶賛していたので、恐る恐る作ってみることに。

そもそもサバの水煮を買う事自体が初体験だったんですが、これ、そのまま食べても普通においしいですね。ぜんぜん魚臭くないし。ツナ缶をこってりさせた感じ?いくらでも食べられそうです。完全に食わず嫌いでした。

これはいけるかも、と、サバ缶で炊き込みご飯を作ってみました。
レシピはNHKのサイトに載っていたのでそれを参考に。
(http://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/101/267898.html)

具は、サバ、にんじん、ごぼう、しょうが、レシピには無かったけどエリンギを少し足しました。
調味料はめんつゆと塩とサバ缶の汁全部。
炊きあがって器に盛ってから、臭み消しに青じそを刻んで乗せました。



食べてみると、魚の出汁の旨みが効いておいしい!魚臭さはしょうがの香りで誤魔化せています。青じそもさわやかな香りで結構合いました。
気になっていた皮と骨も、混ぜると崩れてよくわからなくなっていました。

肝心の魚嫌いの夫ですが、一応白ご飯も用意していたけれど、拒絶することもなく、文句いう事もなく普通に完食したのでまあ成功かな。これからちょこちょこ作ろうと思います。
追記
その後、サバ缶1缶に対して米の量を減らして作ったら、夫は食べにくかったみたいです。米1.5合に1缶弱入れたんですが、ちょっと魚の匂いがきつくなったかな。レシピにあると通り、米3合に対してサバ缶1缶ぐらいがちょうどいいのかも。。。
それから、皮や骨が丸ごと入っているのも見た目的にダメみたいです。残念(◞‸◟)。。でも懲りずに味噌煮の方で試してみようかと思っています。

調子に乗ってサバカレーとか作ってみようかな。見た目で拒否されそうな気もしますが。

ところで、オメガ3を摂るために、せっせと手作りパンにクルミを入れていたのですが、くるみのオメガ3もα–リノレン酸だから、焼いてる途中に変質してしまっているのですね、きっと。
まあ、ポリフェノールも豊富だというし、他にも栄養素がたっぷりなので無駄ではないとは思いますが、ちょっと残念。
生で食べる方法も考えないと。


こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子