NHKBS 美と若さの新常識『美女のヒミツは骨にあり』を見た

興味津々で見ました。
備忘録としてざっくりとまとめました。φ(・ェ・o)

骨密度が見た目の若さに関係している

ゲストの先生曰く、見た目で骨密度を予想できる
  • 小柄で痩せていて老けて見える人→骨密度が低い
  • 体格が良く若く見える人→骨密度高い

■骨密度が減ると老け顔になるメカニズム

骨密度が減る

骨が縮小

骨と皮膚の間に隙間ができる

余った皮膚が深いシワやたるみになる

見た目が老けて見える


加齢に伴い骨密度は減少していく
減少率が最も高いのが下あご
→あごのたるみ、ほうれい線、マリオネットラインの原因に

■対策は・・・
骨密度がピークになる20代の頃にできるだけ骨密度を高くしておく
もうとっくにピークを過ぎてしまった人(泣)は・・・
  • 1日10分程度ガム噛む(するめなど固すぎるものはあごを傷めてしまう)
  • 全身の骨を鍛える


全身の骨を鍛えるには

足に衝撃が加わるとオステオカルシンというホルモンが作られ、メッセージが血流に乗って全身に放出されて骨が作られる(こっちの番組でもやってました→NHKスペシャル 人体 第3集『骨が出す!最高の若返り』を見た)ので、かかとに衝撃が加わるような運動をすると良い。
家でやるには、ジャンプその場足ふみなどがおすすめ(階下に迷惑にならないように・・・)

オステオカルシンの驚きの効果

  • 脂肪細胞を小さくしてくれる
  • 活性酸素を消去してくれる
  • 神経細胞の働きを高める
  • 免疫機能を高める
  • 筋肉の量を増やす
  • 男性の精力を高める


まさか骨がしわやたるみにまで関わっているなんて・・・衝撃でした!
歳をとると顔の肉が落ちるというより骨が縮んでしまうのか!
それにしても、20代の頃の骨密度が年を取ってから影響してくるなんて・・・若いころ痩せてさえいればいいと思ってダメダメな生活を送っていたことを激しく後悔・・・


こちらの記事もどうぞ

ABOUT ME

はじめまして。
加齢に怯える団塊ジュニアです。
同世代の夫と、17歳のヒョウモントカゲモドキ(♂)と暮らしています。
あまり更新していませんが、無料のドローソフトInkscapeのHowToサイトと趣味のブログajiwai blogもやっています。