土鍋で石焼ビビンバ

本日は熱々ビビンバ。ハフハフして頂きます。

数年前に、お祝い返しに頂いた、「キッチンで調理し、器としてそのまま食卓に出せる」耐熱陶器。押入れにしまったまま、すっかり忘れていたのですが(すみません)去年の冬にふと思い出し、使ってみると、これがなかなか使えます!

それまでは石焼ではなく、普通のビビンバしか作ったことがなかったのですが、もうあの頃には戻れません。
けどよく考えたら、普通の土鍋でも作れるんかな?これを頂くまで思いつきませんでした。良いものを頂きました。
土鍋ならあつあつのまま食べられるし、おこげがまたおいしい!
そして、なんといっても超かんたん!
その上、某お料理サイトで焼肉のたれで味付けできることを知り、さらにお手軽に作れるようになりました。

土鍋で石焼ビビンバ
今日作った分量(2人分)

  • ごはん・・・大盛り2膳分
  • 牛肉薄切り・・・150gぐらい
  • ほうれん草・・・1/2束
  • もやし・・・1/2袋
  • にんじん・・・1/3本
  • キムチ・・・100gぐらい
  • コチュジャン・・・適量
  • ごま油・・・適量
  • にんにく・・・1片(すりおろし)
  • 塩・こしょう・・・適量
  • 玉子・・・1個

 もやしを茹で
ほうれん草を茹で
すりおろしにんにく、ごま油、塩・こしょうで調味。
にんじんは千切りにして、ごま油と塩・胡椒・白ゴマで調味。ナムル完成。
しかし、ごま油と塩こしょうとにんにくって、最強においしいですよね。ナムルだけでいくらでも食べられそう。
土鍋を熱し、ごま油をひいて牛を炒め、焼肉のたれとコチュジャンで調味。
別のボウルやお皿に上げます。
そのままご飯を投入。焼き付けながら、焼肉のたれをちょこっと回しがけしておきます。
ご飯の上にナムルと牛肉とキムチと玉子を盛り付けたら完成♪
このままテーブルへ持って行きたいところですが、
いくら土鍋を熱しておいても、ナムルやキムチが冷たいので、混ぜると冷めてしまいます。
そこで・・・
あつあつを頂きたいので、もうここで火に掛けながら混ぜます。
そうです、実はうちではきれいに盛り付ける意味がないのです。
土鍋をカチンカチンに熱してテーブルへ。
お好みでコチュジャンを追加して。
うーん。あっつあっつでうんまっ♪

こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子