MAXTRAの並行輸入品と日本仕様

BRITAのポット型浄水器を5年前から使っています。


2ヶ月に1度カートリッジを交換するのですが、2年ほど前に「並行輸入品」なるものが安価で売られていることに気が付き、安い~♪と、深く考えず、日本仕様からそちらに乗り換えました。

在庫がなくなったので、いつものように並行輸入品を買おう思い、何気なくレビューを読んでいると、気になるレビューを見つけたのです。

そこには「総ろ過水量」について書いてありました。
並行輸入品の方が日本仕様より「総ろ過水量」が少ないというのです。今まで全然気が付かなかった!

BRITAジャパンのHPを見るとこんな事が書いてありました。
カートリッジの交換時期の違い
弊社が販売している日本仕様品は、JIS S3201に基づく浄水能力(検試験項目ごとの総ろ過水量)に関する試験結果を踏まえ、交換期間の目安を1日3.5ℓの使用を前提に2ヶ月としております。並行輸入品の中にも交換期間を2ヶ月としているものがありますが、JIS S3201に基づく試験結果の値が低いにもかかわらず、1日当りの使用量を低く設定した上で2ヶ月としているものがありますのでご注意ください。

家庭用品品質表示法に基づく浄水能力試験項目について
浄水器の交換カートリッジは,家庭用品品質表示法に基づき,JIS S3201に基づく試験結果を表示することが義務付けられています。この試験は除去対 象物質毎に行われるものであり、たとえば、弊社の販売する「MAXTRA」については遊離残留塩素を含む12項目について試験を行っております。これに対して、並行輸入品は、日本仕様品と比較して試験項目数が少なく、また浄水能力(総ろ過水量)が低いものがあります。日本仕様品と並行輸入品の性能は同じではありませんので、ご注意ください。
BRITAカスタマーセンター | プライバシーポリシーより引用)

そうなん!?と思い、取扱いショップのHPを数軒見て回ったのですが、お店によって書いてあることにバラつきがあったり、レビューにもいろんな意見があったり、もう、よくわからなくなってきました。
微妙な味の違いよりも、本当に安全なのかかどうかが知りたいのです。


■総ろ過水量がお店によって違う

200Lだったり、140Lだったり、150Lだったり、100Lだったり ひどい場合は同一ページに違う数値が載っていたりします。(今 (16/10/27現在)見ているAmazonのページの商品説明と出品者のコメントの数値が違う・・・)
ブリタは国ごとの水質に合わせてカートリッジを調整しているそうなので、並行輸入品と一括りに言っても、バージョンがいろいろあるんでしょうか??
そもそも「日本の家庭用品品質表示法・厚生労働省認定機関検査済み」と書いてあるけれど、お店ごとに検査しているのでしょうか??


■日本仕様は活性炭を銀で抗菌しているらしいけど・・・

BRITAの公式ページに載っていたわけではないので、真偽の程は定かではありませんが、日本仕様にだけ欧州で禁止されている銀が活性炭の抗菌に使われているというレビューを見かけました。
銀の毒性について検索してみたら、有害性が書かれたサイトがちらほらあり、気になるところではありますが(ただし結構な頻度で浄水器購入への誘導があります。。。)、「一般社団法人抗菌製品技術協議会」という団体が、こんなPDFをアップされていました。
→ 欧州バイオサイド製品規制における銀・亜鉛ゼオライト審査に関する意見書(PDF)

ここには「銀含有抗菌剤を加工した抗菌加工製品を使用したことによる健康被害の報告は、日本国、米国、アジア諸国など主要な使用地域で皆無」と書かれています。
そもそも長年銀歯を入れているけど問題ないです。(関係ない?)
※ただし、金属アレルギーを持っている方は要注意のようです。
参考:BRITAの浄水器 - 田舎娘の化学物質過敏症日記(http://d.hatena.ne.jp/inakamusume/20100414/1271255876)


■銀で抗菌していないとなると、何で抗菌しているんだろうか??

一番気になっているポイントはこれです。
欧州では4週間サイクルとして売られているものを、日本で2ヶ月サイクルで使っても、雑菌の繁殖とかは大丈夫なんだろうか???
もしかして、2ヶ月持たせるための銀抗菌ではないんだろうか??


■調べてもよくわからないので、保証されている方を買います

もう、よくわからないので、今回は素直に日本仕様を買うことにしました。何でも最安値で買いたい私には苦渋の選択ではありますが。
(※並行輸入品を否定するわけではありません。実際数年間並行輸入品を使って来ましたが、特に健康上のトラブル等は起きていません。)


■届きました

数日前発注し、翌日届きました。


日本仕様なのにかなりお安かったのでちょっと心配しましたが、ちゃんと日本仕様の正規品でした。8個入りなのでちょっと勇気が入りました。


塩素の総ろ過水量300L、1日3.5L×2ヶ月と書いてあります。


日本語の説明は、蓋を開けたところに書いてありました。




味の違いは・・・正直よくわかりません。
でも私は単純なので、疑いながら飲むより、保証されている水を飲んだ方が、美容と健康的に良さそうな気がします(プラシーボ効果?)


このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子