やみつきになる味『ケイジャンシーズニング』で作ってみた料理まとめ

やみつきになる味、ケイジャンシーズニング。


食塩、チリパウダー、ガーリック、ブラックペッパー、バジル、オニオン、唐辛子、パプリカ、クミン、オレガノ、セロリ、タイム、調味料(アミノ酸)が入っています。
つまり、これ一つで味付け完了なものです。

アマゾンで500円ぐらいで売っていて、何度もリピしています。
100g入りなので相当持ちます。

これを、鶏やエビ、魚の切り身などにまぶして焼きます。まだ試していませんが、ポテトにまぶしてもおいしそう。
以前投稿した記事と、新たな記事をまとめてみました。



ケイジャンシーズニングでチキンソテー

このミックススパイスを…


こんな風に鶏肉などにまぶして…


焼くだけで…


うまうまケイジャンチキンのできあがり♪


スパイシーでちょっとジャンキーな味がたまりません。



炊飯器でジャンバラヤ



(米1合・2人分)
  • 米・・・1合
  • 鶏もも肉・・・100g前後
  • ウインナー(輪切り)・・・2本ぐらい
  • 玉ねぎ(みじん切り)・・・1/4程度
  • ピーマン、パプリカなど(みじん切り)
  • にんにく(みじん切り)
  • ホールトマト・・・100g
  • 水・・・120ml※
    ※野菜やトマト缶の水分量によっては、炊き上がりがゆるくなるかもしれません。
  • ケイジャンシーズニング・・・大さじ1
  1. 米を洗ってザルにあげておく。
  2. ホールトマトは潰しておく。
  3. 鶏もも肉を適当な大きさに切って、ケイジャンシーズニングの1/3量をまぶす。
  4. ニンニク、野菜、ウインナーを炒め、鶏も両面焼く。
  5. 炊飯器に米、ホールトマト、水、残りのケイジャンシーズニングを入れて軽く混ぜ、野菜と肉を上に乗せて炊く。
※我が家は炊飯器が無いので土鍋で炊きました。土鍋の場合、沸騰し出したらすぐに弱火にしないと底が焦げます。


ケイジャンシーズニングでサラダ


  • ケイジャンシーズニング・・・小さじ1~2
  • オリーブ油・・・大さじ1
  • レモン汁・・・小さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
これを混ぜ混ぜして、トマト、きゅうり、アボカド、ひよこ豆に和えました。
スパイシーでウマ!


試してみたものを随時アップ予定です。



こちらの記事もどうぞ

このブログの人気の投稿

サロン用のカラーリング剤で家染めする

白いキャンバススニーカーの黄ばみを取ってみる

サフィールで蘇った白い革の鞄のその後の様子