投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

ペットボトル菜園日記 2017年春夏

イメージ
(※初回投稿5月12日)


これまでのまとめ
1回目の挑戦(サラダレタスミックス)直射日光で枯れる2回目の挑戦(サラダミックス・大葉・バジル)根腐れと日照不足?で枯れる3回目の挑戦(小松菜・大葉・バジル)根がしっかりするまでお茶パックに移植 → ペットボトルに移植 → 吸水用のコットンに赤カビ発生・マイクロファイバーに変更 → 今のところ順調
ペットボトル菜園に挑戦することにしました。
数年前にバーミキュライトとパーライトとピートモスを適当に混ぜた物で室内菜園をして、それなりにうまくいったのですが、収穫した後再利用できない(できるかもしれないけど、根っこを取り除くのがたいへん)ので、結局1年でやめてしまいました。ペットボトルで簡単に水耕菜園できることを知り、挑戦してみることに。

まずは、サラダレタスミックス5という、リーフレタスなどの種が5種類入ったもので試してみることにしました。

ちなみに、東側の出窓に置くので、日光は午前中しか当たりません。

4月14日 種まき本やネットを参考に、スポンジに蒔いてみました。
よく売っている5個入り100円のスポンジの硬い部分をカッターで切り取って、3cm角ぐらいにカット。高さがよくわからなかったので、あえてバラバラにしてみました。中央に十字の切り込みを入れてそこへ種を5粒ずつくらい押し込みました。
上から水をかけて、水を張りました。水は切らさないように管理。



芽が出るまで乾かないように新聞紙を被せてみました。




4月24日本葉が出てきた4日ぐらいで発芽し始めて、10日ぐらいで本葉が出始めました。
スポンジの高さはあまり関係なかったみたい。





4月25日ペットボトルプランターを作る水耕栽培用プランターを作りました。
2Lのペットボトルの側面に、直径5.5cmぐらいの穴を3つ開けて、500mlのペットボトルをカットしたものを挿し込みました。わかりにくいですが、下の写真の手の上あたりに、水をそそぐ用の穴も開けています。水を入れ替える時は、ペットボトルの蓋を外して水を捨てて、蓋をしてからこの穴に水+液肥をそそぎ入れる予定。



写真ブレブレですが、アルミホイルで上側を覆ってみました。藻対策です。


苗を移植苗のスポンジを500mlのペットボトルの口に押し込んで固定。その際、根はちゃんと口から引き出しておきます。その後、ハイドロコーンを入れて苗を固…

多肉植物用の土と普通の土で実験

イメージ
3月ごろ買った多肉植物(セダム・乙女心)は、室内で育てていた元の株は枯れてしまったのですが(詳しくはこちら)、挿し木で増やしたベランダの2株は元気に育っています。

下の写真、左側はセリアで買った多肉植物用の土を、右側は、冬にラディッシュを育てていた土に、パーライトを混ぜたものを使ってます。
水遣りの後の重さが全然違います。多肉植物の土はとても軽いです。

今後どんな風に変化していくのか観察してみようと思います。

4月21日根が出るまで室内に置いた後、土に植えた直後の様子。




6月26日2か月後の様子。



今のところどちらもモリモリ育っています。
土の表面が乾いてから水遣りしています。肥料はまだあげていません。






8月4日多肉植物用の土で育てている方が枯れ始めました。



多肉植物用の土の方が水はけがいいのですが、土が乾いても表面が白くならないので、つい普通の土が乾くタイミングで水遣りしてしまったことが原因ではないかと思います。。。

8月29日現在の様子です。
結局、普通の土の方も枯れてしまいました。



猛暑のベランダはサボテンにも過酷だったみたいです。。
日当たりの弱い場所に移動しておけば良かったのかもしれません。
秋になって赤くなってくるのを見たかったのですが。。無念です。。


こちらの記事もどうぞ
多肉植物(セダム)の挿し木に挑戦中 多肉(セダム・乙女心)を買ったらしぼんできた