投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

今さらですが、タジン鍋を買いました。

イメージ
30%OFFになってたので迷わず買ってしまいました♪
でも2、3日後に見たら50%OFFになってました(ノД`。)

まあ、もともと980円のものなのでそれほどお得感はありませんが。
ちなみに3~4人用の25cmのものです。
これでついにモロッコ料理にチャレンジできる♪

ほんとは有田焼の
こんなのとか
波佐見焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) 黄唐草 ID-09-02
Amazon.co.jpで詳細を見る
こんなのがほしかったんですが
波佐見焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) ぶどう絵 ID-09-03
Amazon.co.jpで詳細を見る

まあいいや。
蓋取ったら一緒だし。

とりあえず和風の蒸し野菜を作ってみました。
ネットで「下に大根おろしをひくといい」というのを見かけたので、
大根おろしをひいて、白菜、えのき、水菜、豚バラを重ねて、
酒を振り、粉末だしをパラパラと振りかけ、
蓋をして火にかけ、沸騰後弱火で10分弱ぐらいすると・・・


ぺしゃんこ~ けどおいしそう~♪


ポン酢に付けて食べてみると、
確かに野菜も豚肉も旨みがしっかり感じられます。
けど、あっというまになくなってしまいました。
葉もの野菜がメインのときはかさばるから、
タジン鍋ではあまり詰め込めず、ちょっと物足りないかもしれません。

あ、そうか、だからこんな形のがあるのか。
今書いてて気が付きました。
これならいっぱい入りそうですね。
波佐見焼 直火&レンジ用 ドーム型 せいろタジン鍋(小) 21cm オリエンタルフルーツ ID-16-01
Amazon.co.jpで詳細を見る



かぶとベーコンのグラタン

イメージ
かぶ1個分(1~2人分)
かぶ・・・1個ベーコン・・・1枚溶けるチーズ塩・黒こしょう・・・少々ガーリックパウダー(あれば&お好みで)
ホワイトソースの分量
※たっぷりめです。
牛乳・・・250cc小麦粉・・・大さじ2バター・・・15g塩・・・小さじ1/4~1/3こしょうナツメグ(あれば)
ホワイトソースを作る(作り方は下記)かぶの皮を厚めにむき、7mm程度の厚さにスライスする。柔らかくなるまで電子レンジで加熱する。(※シリコンスチーマーで約3分でした)グラタン皿にバターを薄く塗ってかぶを並べ、塩、胡椒、ガーリックパウダーをパラパラっと振る。ベーコンを1cm幅ぐらいに切ってフライパンで焼き、かぶの上に乗せる。ホワイトソースをかけ、チーズを乗せてオーブンで焼き色が付くまで焼く。(※オーブントースターで10分程度でした)
ホワイトソースの作り方
小鍋にバターを入れて火にかけ、溶けたら小麦粉を入れてヘラ等でよく混ぜる。牛乳を数回に分けて入れて、加熱しながらよく混ぜる。とろっとしてきたら塩、胡椒、ナツメグで味を調える。
かぶがとろっとろ~♪
ホワイトソースもとろっとろなので
全体的にとろっとろです。

かぶの鶏そぼろ

イメージ
(2人分)
かぶ・・・2個鶏むねひき肉・・・120g酒・・・大さじ3煮汁
だし・・・250ccみりん・・・大さじ1・1/2薄口しょうゆ・・・大さじ1/2塩・・・小さじ1/2
片栗粉・・・大さじ1/2水・・・大さじ1/2
彩り用にかぶの葉を茹でて絞っておく。かぶの皮を厚めにむき、4等分に切る。鍋に酒を入れて火にかけ、鶏ひき肉を入れて菜箸で混ぜ、そぼろ状にする。煮汁の材料を入れてひと煮立ちさせるかぶを入れ、アルミホイルで覆うように落し蓋をしてコトコト煮る。かぶに竹串をさしてみてスッと通ったら、スプーンやお玉でかぶだけをそっと器に取り出す。残った鶏そぼろに水溶き片栗粉を入れてとろっとさせ、かぶにかける。かぶの葉を添えてできあがり。
かぶがとろっとろです♪
ただ、皮のむき方が薄かったのか、若干すじが残ってしまいました。


最近近所のスーパーでえんどう豆が出回り始めました。
えんどう豆、まだちょっと高いけど思い切って今日は土鍋で豆ご飯。

塩とお酒、昆布、豆を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で10分。
20分程蒸らしたらできあがり。

春が来た~♪

ブロッコリーとトマトのピザ

イメージ
HBでピザ生地を作って冷凍保存しています。
最近は全粒粉またはライ麦粉入りをよく作ります。

全粒粉またはライ麦粉入りピザ生地の分量
強力粉・・・230g全粒粉またはライ麦粉・・・50gオリーブオイル・・・大さじ1砂糖・・・10g弱(専用スプーン大1)塩・・・5g(専用スプーン小1)ドライイースト・・・3g(専用スプーン小1)水・・・180ml
本日のトッピング
ブロッコリー
・・・茹でて椎茸と共にオリーブオイルで炒め、塩胡椒椎茸
・・・ブロッコリーと共にオリーブオイルで炒め、塩胡椒トマト(1/4個)
・・・角切りベーコン
・・・1枚モッツァレラスライスチーズ
・・・2枚 ちぎってのせる
フレッシュトマトのほのかな酸味がおいしいです。
何か足りない感じがすると思ったら、
最後に黒胡椒を振るのをまた忘れてしまった(´д`ι)


モルトパウダーでピザがパリっと焼けるバジルソースとミニトマトのピザピザ生地もピザソースも手作りする

トマトとエリンギのリゾット

イメージ
2~3人分
米・・・1合ホールトマト・・・1/2缶エリンギ・・・1本玉ねぎ・・・1/2個にんにく(みじん切り)・・・小さじ1オリーブオイル・・・大さじ1洋風スープ・・・400mℓ(水400mℓ+顆粒コンソメ小さじ2)白ワイン・・・大さじ1パルメザンチーズ・・・大さじ6バジル(ドライ)・・・小さじ1/2オレガノ(ドライ)・・・小さじ1/2塩・黒こしょう・・・適量バジル(生)・・・あれば
玉ねぎ、にんにくはみじん切り、エリンギは食べやすい大きさに切る。ホールトマトは軽く潰しておく。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱して香りを出し、玉ねぎを入れて透き通るまで炒める。米を洗わずに加え、透き通るまで炒める。白ワイン、エリンギ、洋風スープ200mℓ入れ、弱火でときどきかき混ぜながら煮る。洋風スープ残り200mℓも入れ、さらに煮る。水分が少なくなってねっとりとしてきたら、ホールトマト、バジル、オレガノを加える。米を食べてみて少し芯が残るくらいまで弱火で混ぜながら加熱。水分が足りなくなったら水を少しずつ足す。塩、黒胡椒で味を調え、火を止める前にパルメザンチーズを入れて混ぜたらできあがり。あればバジルをちぎって乗せる。
まったりおいしかったです♪

バターはくどくなって胸焼けするのでオリーブオイルを使いましたが、おいしかったです。


鶏の香草パン粉焼き

イメージ
追記(14/3/17)
『パリのスパイス屋さん』は残念ながら閉店されたようです。
『ファリグール』はこちらで代用できそうです。
S&B業務用セレクトスパイス◆エルブドプロバンス/袋100g【select/セレクト/業務用スパイス/お...
メール便がないのが痛いです・・・
前回の記事で書いたファリグール(南仏タイムミックス)を早速使ってみました。


エルブ・ド・プロバンスというミックスハーブでも代用できそうですが、このファリグールにはハーブの他にガーリックもブレンドされています。

これをパン粉に混ぜて、鶏の香草パン粉焼きを作ってみました。
作り方は先日書いたドイツ風カツレツ、シュニッツェルと同じです。
前回は豚ロースでしたが今日は鶏ももで。

鶏肉2枚分(モモ・ムネお好きな方で)
パン粉・・・1カップ弱粉チーズ・・・大さじ3ファリグール・・・小さじ1卵・・・1個小麦粉・・・適量塩・胡椒・・・適量パン粉・チーズ・ファリグールは混ぜておく。卵は溶いておく。鶏肉は皮と余分な脂肪を取って食べやすい大きさに切る。ラップで挟んで麺棒等で叩き、軽く延ばす。両面に塩・胡椒を振る。小麦粉→卵→パン粉ミックスの順に付け、多めのオリーブオイルで両面をこんがり焼き、中まで火を通す。
ハーブとガーリックの香りが効いてめちゃウマ( ;∀;) !
このミックスハーブを入れるだけでワンランク上のお味になります。
これはオススメです!

ファリグールを使って、付け合せに色々作ってみました。

■きのこのハーブソテー■
これはamazonの「マスコット エルブ・ド・プロバンス」の商品ページに載っていたものを参考にさせていただきました。
しいたけとエリンギをオリーブオイルで炒め、塩、黒胡椒、ファリグール少々で調味。
超簡単だけどおいしいです。
■ハーブドレッシング■

付け合わせのサラダ2人分
オリーブオイル・・・大さじ1・1/2ワインビネガー(またはレモン汁)・・・大さじ1ファリグール・・・小さじ1塩・こしょう・・・適量

ファリグール三昧になってしまいました。。
次は白身魚を焼いてみようかな♪
あっというまになくなりそう。

T-falのエッグロースターも買う。

イメージ
迷った挙句買ってしまいました。
27cmと21cmに続き3つめです。


だって、くっつかない!洗うのも超ラク!なのです。
エッグロースターは、大きさの割りにちょっとお高いので躊躇しましたが、
今の玉子焼き器、酷使しすぎてかなりヘタってきてたし。思いきって。
比べてみると、ちょっと幅が狭いです。右側がティファールです。




実際に焼いてみました。まずは玉子2個で。
ネギとチーズ入りだし巻きです。(分量は記事の最後にあります)
ぜんぜんくっつかない!
けどくっつかなすぎて、蒔くときに全体が滑って形がちょっとイビツになってしまった・・・
けどこれは多分慣れですね。チーズも入ってぐにゃっとなってたし。





次は玉子1個で。
のり入りです。(分量は記事の最後にあります)
細長いけど巻けないことはないです。





しかし、ほんとにくっつかない。
これがどれだけ持続するかだなー。

追記(16.3.21)
3年後に買い換えました。感想をアップしています。
ティファールの卵焼き器(エッグロースター)が意外に長持ちした
※上の玉子焼きの分量
ネギとチーズ入りだし巻き
玉子・・・Mサイズ2個だし・・・大さじ2(粉末だし+水)しょうゆ・・・小さじ1・1/2ネギ小口切りスライスチーズ・・・1枚(小さくちぎる)
のり巻き玉子焼き(甘め)
玉子・・・Mサイズ1個だし・・・大さじ1(粉末だし+水)しょうゆ・・・小さじ1弱砂糖・・・小さじ1塩・・・少々

ドイツ風カツレツ、シュニッツェル

イメージ
この前テレビでこのシュニッツェルの作り方をやっていて、
簡単そうだったのでレシピを探して作ってみました。
見ていた番組とは違うけど、こちらを参考に。
門倉多仁亜さんのレシピです。
シュニッツェルのレシピ|キユーピー3分クッキング

門倉多仁亜さんって聞いたことあると思ったら、
ドイツ流の収納本を出されている方ですね。
(ちなみにこちら→タニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ

カツ用の豚ロースをラップに挟んで麺棒で叩いて薄く延ばし、
塩胡椒を振って、小麦粉、溶き卵、粉チーズとパセリを混ぜたパン粉を付け、
油とバターを多めに入れたフライパンで焼くだけ。

バターが多いと胸焼けするからオリーブオイルを多めに入れました。
パン粉をレシピどおりの分量用意したら、ピッタリだったのでちょっと感動。



付け合せのソースとして、かぶとにんじんのソースの作り方も載っていましたが、
今回は省略し、軽くレモン汁を振り掛けました。
ドイツっぽくジャーマンポテトを付け合せにしようかと思ったけど、
飯島奈美さんのレシピに載ってたアンチョビ入りのポテサラで。

叩いて伸ばしたことによって、お肉が柔らか~くなります。
揚げなくていいから後片付けもラクでいいですね。
ほんのりチーズ味、サクサクでおいしかった♪

追記
アマゾンでこんなの買いました。
硬いお肉を柔らかくするものです。


ミートソフター
筋は包丁で先に切っておいて、
これでまんべんなくブスブス突き刺します。
その上で叩いて延ばしたらさらに柔らかくなります。
豚に限らず、牛でも鶏でも、
薄切り肉なら重ねてからブスブスと。
(やりすぎるとボロボロになっちゃうので要注意)
漬け込み系の料理ならしっかり味も染みるしオススメです!

義春刃物 ミートソフター イエロー
Amazon.co.jpで詳細を見る

こちらの記事もどうぞ

鶏の香草パン粉焼き トマトとエリンギのリゾットポテトとベーコンのサラダ風

鶏肉とカシューナッツ炒め

イメージ
おいしそうなレシピを見つけたので作ってみました。
鶏肉とカシューナッツの炒めもののレシピ -TIRAKITA レシピ

味付けはシーズニングソースとオイスターソースと砂糖のみ。
鶏肉は揚げずに炒めましたがおいしかったです。
このTIRAKITAさんのサイト、他にもアジア料理のおいしそうなレシピがたくさん載っていました。
また利用させてもらおっと。

タイ料理のレシピによく登場するシーズニングソース。
輸入食材を扱うお店とかで探してみたけど見つからなかったのに、
近所の業務スーパーで発見!


裏を見ると
『たまり醤油のような風味を持つ、香り高く深いコクと甘味が特徴のタイの万能調味料です。』
『目玉焼きや茹でたキャベツ等にそのままかけたり、炒め物・スープ・チャーハン等の味付けにそのままお使いいただけます。』

などと書いてあります。
ちょっと手にとって味見してみると、
なるほど、味つきの濃い醤油という感じ。
日本のだし入り醤油と違って、アジアンな風味です。
これだけで味がきまるので色々お手軽に使えそう。

今日はこの他にシーズニングソース入りのスープを作りました。
具は長ネギ、にんにく、香菜入りの豚つくねと、きのこです。
春雨を入れたかったんですが、切らしていたのでえのきを入れました。



味付けはこちらの『ワサナのタイ料理』の春雨スープのレシピを参考に。


ワサナのタイ料理―おかずがごちそうのかんたんメニューby Amazon)
鶏がらスープにシーズニングソースと醤油と塩・胡椒で味付けしました。
本当はシーイウ・カーウなる調味料を使うみたいなんですが、
醤油で代用できるとのことだったので醤油を使いました。

おいしくできたんですが、シーズニングソースの存在感はそれほど感じられなかったかな?
醤油だけのバージョンと食べ比べてみると違いがわかるのかもしれません。

これと大根とカニカマのサラダ(記事は→こちら
これはナンプラーとレモン汁にシーズニングソースをちょこっと足して、
チリペッパーをパラっと振り入れます。
前はシーズニングソースを醤油で代用しました。
それもあっさりしていておいしかったんですが、
シーズニングソースで甘味と旨みがプラスされて
さらにおいしくなりました。


次は鶏肉のタイ風グリル焼きを作ってみようかな~。

ベランダ菜園2012秋~2013春

イメージ
現在のベランダ菜園の様子です。
今、小松菜と水菜、ラディッシュを外で、バジルを室内で育てています。
土が乾いたら液肥入りの水を遣っています。

種を蒔くのが遅かったので(10月末から11月頭ぐらい?)
去年ほどもっさりとは成長していませんが、それなりに育っています。
去年はできすぎて食べ切れなかったからちょうどいいかな。

小松菜。


水菜。

ネギが一部混じってます。
スーパーのネギの根っこを植えてみたけどいまいち育ちませんでした。。

ラディッシュ。

気が付くと巨大化してました。
こんなに丸く大きくなったのは初めてかも!
そろそろ収穫しないと。
成長は遅いですが、冬の方が虫にもやられずうまくできるような気がします。
ただ、スペースの割に収穫量が少ないのが残念です。

そしてバジル。これは室内の暖かいところに置いています。
冬でも育つのかな?と、ダメもとで種を蒔いてみたら、
なかなかいい感じに育っています。

ピザにちょこっと乗せたり、
ドレッシングに刻んで入れるのに重宝してます。

そういえば、サラダミックスを外に蒔いていたんですが、
ほとんど発芽せず、発芽しても大きくならず大失敗でした。
これも室内ならうまくいったのかなー?
来年は室内で育ててみようかと思います。

あと1ヶ月もすれば春がやってきますね~。
アブラムシ退治が嫌なので葉っぱ系はやらないですが。
虫を気にせず簡単に育てられそうなもの、ないかなあ。


関連記事
今年は室内で野菜を作ろうと思います。(12/5/8)室内栽培のその後の様子-その1(12/5/18)室内菜園第2弾はサラダレタスミックス5(12/5/22)室内栽培のその後の様子-その2(12/6/1)室内栽培のその後の様子-その3(12/6/4)